日々の出来事色々


by tsuredure002

プロフィールを見る
画像一覧

<   2010年 11月 ( 1 )   > この月の画像一覧

タモリ流カレーライス/タモリ流鶏のから揚げ

見つけたのでメモ♪
美味しいのやろか??

●タモリ流カレーライスのレシピ
1. 鶏肉にスパイスを揉み込んで焼く
カレー粉(大さじ1杯)とターメリック(小さじ1杯弱)、そしてクミン(小さじ1杯弱)を混ぜ合わせ、それを鶏モモ肉(約500グラム)に揉み込みます。味が浸透するようにしっかりと、でも優しく揉み込みます。それらスパイスを揉み込んだあと、フライパンを熱してサラダ油(大さじ1杯)で炒めます。

インターネットユーザーのなかには、ターメリックとクミンが入っているカレー粉を使っている人もいました。ターメリックとクミンをそろえるのが面倒なときはそれでも良いと思います。

2. 鶏肉やホールトマト等を鍋で煮込む
大きめの鍋で1リットルのお湯を沸かし、さきほど炒めた鶏モモ肉を入れます。そこにマンゴーチャツネ(大さじ1/2)と赤ワイン(75cc)、そしてミキサーにかけたホールトマト(75グラム)も鍋に入れます。

インターネットユーザーのなかには、ミキサーがないのでホールトマトをつぶして液状にしている人や、無塩のトマトジュースを使っている人もいるようです。フタをしないで中火でじっくり煮込みます。

3. スパイスや食材を炒めてペーストを作る
煮込んでいる鍋をチェックしつつ、スパイスや食材を混ぜたペーストを作ります。フライパンに市販の炒めタマネギ(1/4瓶)とすりおろしニンニク(小さじ2杯)、すりおろしショウガ(小さじ2杯)を入れ、弱火でよく炒めます。

炒めたら、そこにカレー粉(大さじ1杯)とターメリック(小さじ1杯)、クミン(小さじ1杯)、牛乳(1/4カップ)、ヨーグルト(大さじ1杯強)を入れてよく混ぜ合わせます。

インターネットユーザーのなかには、市販の炒め玉葱を使わずにあらかじめ炒めておいたみじん切りの玉葱を使っている人もいるようです。より濃厚になるように、牛乳は特濃を使い、ヨーグルトは粘力のあるカスピ海ヨーグルトを使っている人もいました。

4. 鍋にペーストを入れて2時間ほど煮込む
煮込んでいる鍋にさっき作ったペーストを入れ、そこに醤油(少々)と砂糖(ひとつまみ)、とろけるチーズ(30グラム)、塩(小さじ1杯)を入れて半ブタで2時間強ほど弱火か中火で煮込みます。インターネットユーザーのなかには、とろけるチーズ以外のチーズを使っている人もいました。そのあたりは好みで調節可能ですね。

5. 塩で仕上げをして完成
煮込んだら、最後に味見をしつつ塩をくわえて味を調整します。いい感じな味になったら完成です。今までにない美味しいタモリ流カレーライスをお召し上がれ!

6. 食べ方: ご飯やマッシュポテトにかけて混ぜる
ご飯やマッシュポテトにタモリ流カレールーをかけてグチャグチャにかき混ぜて食べます。混ぜるのが重要なポイントのようです。マッシュポテトの作り方は簡単で、洗ったじゃがいも(2個)をラップに包んでホカホカになるまで電子レンジでチンします。7~8分ほどで熱々になるようです。そのじゃがいもをつぶしてカレー粉(小さじ2杯)と塩(少々)、牛乳(25cc)を混ぜてマッシュポテトの完成です。

タモリさんを疑うわけでないのですが、実際に作ってみないと本当に美味しいかどうかワカラナイ! ということで、当編集部では実際にタモリ流カレーライスを作ってみました。鶏モモ肉に脂身が少ない鶏ムネ肉をプラスしてヘルシーにし、水は食材に味がよく浸透するように軟水を使いました。

その結、非常に美味しーーーーいカレーが完成! 2時間じっくりと煮込んでいるのでスパイスが鶏肉に浸透していて、とっても味わい深いのです。チャツネやクミン、ターメリックなどのスパイス、そしてヨーグルトやチーズの美味しさがギューッと濃縮されているので、カレーを食べる一口一口が、幸せを食べているかのようです。スプーンでカレーを口に運ぶたびに感動に襲われます。

このタモリ流カレーライスは、水分が極端に少なく、鶏肉がメインのカレーです(水分が多いときはまだ煮込みが足りない事になります)。マッシュポテトは水分が少ないので、食べながら喉に詰まらせないようにしましょう。



[拡大写真]

【有名人ごはんの時間ですよ!】
毎週土曜の午前は「有名人ごはんの時間ですよ!」をお送りいたします。有名人こだわりのオリジナルレシピを調べ、ポーチ編集部員が気になるレシピを毎週代わりばんこに手によりをかけてお料理するというもの。

「タモリ流豚しょうが焼き」や「タモリ流カレーライス」など、激ウマ料理レシピを多数知っているタモリさん。あらゆる分野に対して博識なタモリさんだからこそ、美味しいレシピを知っているのでしょう。

今回は、インターネット上で話題になっている「タモリ流から揚げ」のレシピをご紹介したいと思います。タモリ流料理のなかでも非常に簡単な料理のひとつなので、誰でも簡単に作れますよ。でも、油料理なので火傷にはじゅうぶん注意して調理しましょう。

●タモリ流から揚げのレシピ
1. タレを作る
醤油1、酒1、みりん1、水2の割合で鶏肉の量にあわせてタレを作ります。甘口が良い人は、少しだけ砂糖を入れても美味しくなります。


2. タレに鶏肉を漬ける
先ほど作ったタレに適切な大きさに切った鶏肉を漬けます。漬ける時間は約15分間で、長く漬け過ぎると味が濃くなってしまうようです。15分漬けたら、余分なタレを落とします。


3. 衣を作る
鶏肉を漬けている間に衣を作ります。小麦粉8、片栗粉2、ベーキングパウダー0.5の割合で混ぜ、ドロドロではなくサラサラになるまで水を足します。


4. 衣をつけて揚げる
衣となる液体に鶏肉をつけて2分間揚げます。2分揚げたら鶏肉を取り出して3分間熱を冷まします。そして今度は30秒ほど二度揚げをします。揚げる時間が重要なので、できるだけ正確に揚げましょう。


5. 食べましょう
そのまま食べても美味しいのですが、大根おろしとワサビ、白醤油をブレンドしたタレで食べると美味しいとのこと。


今回、当編集部でも実際にタモリ流から揚げを作ってみました。肝心の味ですが、非常に繊細な醤油味のから揚げが楽しめました。醤油が焦げると香ばしい匂いがしますが、その香ばしさと鶏肉本来の味を感じる事ができ、非常にサッパリとしていながら肉汁の味が楽しめるから揚げになっているのです。

ワンポイントアドバイスとしては、衣が非常に薄いうえに醤油やみりんをタレに使用しているので、とても焦げやすいから揚げになっています(糖分があると焦げやすい)。ですので、最初に揚げたときの2分間は強火にしてはいけません。中火で2分間揚げ、二度揚げ30秒のときに強火でイッキに熱を通しましょう。…
[PR]
by tsuredure002 | 2010-11-03 18:56 | グルメ

カテゴリ

全体
旅行
お菓子教室
ペット
グルメ
韓国ドラマ
華流ドラマ
趣味
パン教室
日帰りバスツアー
体験ツアー
ぼやき・つぶやき♪
レシピ
近場で世界遺産♪
日々の出来事
未分類

以前の記事

2011年 11月
2011年 10月
2011年 03月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月

お気に入りブログ

パピとママの徒然日記
韓国俳優DATABASE
『+Granny'sぱん教室』
韓国ドラマ感想リスト
粉もん☆マニア

メモ帳

最新のトラックバック

ライフログ

検索

タグ

その他のジャンル

ブログパーツ

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧